ゴジラを観てきた

と言ってみたものの、アレは本当にゴジラなんだろうか。

そんし君がまるで捕まえたゴキブリを飼い主に見せびらかす猫のごとくアニゴジ絶賛ツイートを垂れ流してくるので、もしかするとああいう作品が世間的には評価される時代なのかもしれないと思っていたが、どうも彼が引っ張り出してくるツイートは「ウロブチ」の文字列を目にしただけで絶頂射精するような狂信者のものらしい。

大半のオタクからは低評価のようだ。仮にもゴジラの看板を冠する作品が低評価なのは、それはそれで嘆かわしいことではあるが、ダメなものはダメを言えるオタクがまだ結構な数生存しているようで安心した。

それでもどうにか擁護したい人たちは「小説版は面白かった」という。私は読んでいないが、もしかすると小説版は本当に面白いのかもしれない。とにかく映画としては完成度、シナリオ構成、演出、SF設定とどの切り口で見ても酷い出来だったが、小説となるとまた別の話である。機会があれば読んでみたい。

まず製作陣の「ゴジラを見たことがない人でも楽しめるように」というコメントからダメ、論外。そりゃ王道を往くゴジラ作品以外は認めない、などというつもりはないが、虚淵先生が考えた(と思われる)壮大なスペースSFを映像に落とし込めていない。風呂敷ばっかり広くて中身が伴っていない。小説やTVアニメなら消費者に「行間を読ませる」ために空っぽの部分を作る方法もあろうが、ゴジラを見たことがない人にそれをさせようというのなら、そもそもコメントと矛盾している。

それと映像がとにかく動かない。1作目のゴジラ対空中バイクの映像にお金使い過ぎたのか?ってくらい動かない。ゴジラとギドラの格闘シーンなんてまるで干された洗濯物にしか見えない。モスラなんてシルエットしか登場しない。これを楽しめる「ゴジラを見たことがない人」ってそもそも映画館に来ないと思うんですけど(名推理)

あとこれは虚淵先生のせいではないかもしれないが、画面の構図作りが下手。私のようなど素人が見ても下手だとわかるくらいだから相当酷いのではないか。人物のバストアップでしゃべらせてひたすら時間を稼いでいた。これやらないで最初から1本で完結させればもう少しまともな映画になったのでは?

最初から3部作ありきで製作したことが影響しているのか、とにかくキャラが喋る。ダラダラダラダラ喋る。そりゃ喋ってるシーンはそいつのバストアップだけ作って口動かしてればいいから作る方は楽なんだろう。問題は全く面白くないことだが。とにかく「CGアニメ3部作」という前提条件で自縄自縛になっていた感は否めない。プロデューサーは責任問題だなこりゃ。

それと気になったのが「反核メッセージ」と「文明批判」の扱い。前者は「ゴジラだし反核メッセージでも入れとくか~」みたいなやっつけ仕事感が半端ない。30作くらいあるゴジラ作品を通してみれば反核に全く触れない作品は珍しくないし、悪い侵略宇宙人をゴジラがやっつけるだけのシンプルなヒーローものもある。今回の製作陣は多様性を求めて起用されたはずなのに、肝心なところで既存のゴジラ世界観に引っ張られてしまっている。

文明批判はもっと寒い。今作の監督、ゴジラは観たことがないそうだが富野作品くらいは観たことがあるだろう。ラストシーンの未開人の儀式での終わり方とか、∀ガンダムを見たことがあれば恥ずかしくてできないと思うんですけど。

それと今回の作品は精神世界をうだうだ旅するばかりで、全然前に進まなかった。庵野監督の悪いところだけ真似したような感じだった。そういえば虚淵先生は「シン・ゴジラ」は観なかったんだっけ?だとしたらエバー(笑)の時代の庵野監督像でイメージが止まっているのもうなずける。

作中の大部分を占める精神世界(ゴジラ映画でこれは普通にダメだと思う)も、お世辞にも出来は良くなかった。ギドラが精神を侵食する描写も白石くんの「ノロイ」「コワすぎ」に普通に負けているし、カルト宇宙人の説法パートの出来栄えは幸○の○学の映画のそれに遠く及ばない。

カルト宇宙人は「ギドラに喰われて滅びることこそ真の完成」などと言っていたが、肝心のギドラは異次元世界とのポータル接続を切られた途端ゴジラに瞬殺されてしまった。ずいぶん安っぽい神を信仰していたものだ。「命あるものは、常に前に進みます」というのは某ウルトラマン作品の某コマンダーの言葉だが、今作品の主要キャラ達はどいつもこいつも前に進むことを拒み駄々をこねているだけで見苦しかった。

唯一の見どころは延々と喋る杉田博士の名演技だろう。とにかく情報量の少ない画面と動きの見えないほんへで「何が起きているのか」「今製作陣は何を見せるためにこのシーンを撮っているのか」「今人間のバストアップが写っている裏でどうなっているのか」を的確に解説してくれた。逆に言えば、杉田の説明がないと何も分からないような映像しか作れていないということだが。

ゴジラが好きな人は観ても不快になるだけかもしれない。ゴジラが好きでない人にはそもそも何がしたいのか理解できない。つくづく何のために作られたのかよくわからない映画だった。

おわり

 

尻 穴 女 学 院

早稲田版ユアネーム

都心の中堅進学校から一般入試で文学部に入った少年・瀧と岐阜の山奥の公立高から指定校推薦で社学に入った少女・三葉。出会うはずのない二人が出逢った時、物語が動き出す…

 

金木「やることねえな〜」

そんし君「やることねえな〜。金もねえしなあ、どうすっかな…」

AMMY「この辺にぃ、デカい彗星、来てるらしいんすよ」

金木「あっそっかあ、行きてえなあ」

AMMY「じゃけん今日夜行きましょうね〜」

そんし君「おっそうだな」

えむ「ウワァァァァ俺モ行ッチャウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!」

 

同日夜。戸山公園、箱根山山頂付近

瀧「文学部一年の瀧です」

三葉「社学一年の三葉です」

ベルクート君「商学部3年のベルクートです。困ったことがあったら何でも聞いてください」

金木「ん?今何でもするって言ったよね?」

菫「白糸台高校から来ました、政経一年の弘世です」

えむ「名門校!政経!一女!萌え〜♡」

金木・AMMY「きっ…きしょい(絶句」

そんし君「あっデカい彗星ゾ。ホラ、見ろよ見ろよ」

AMMY「ヌッ!(迫真」

えむ「あっおい待てい!彗星の一部が剥離したぞ、あの角度だとこっちに向かって来るぞ。何だこれは、たまげたなあ」

TDN丸「ワン…ワン…(やべえよ…やべえよ…)」

AMMY「あっここに何かボタンがありますよ!え〜っと…“押すと助っ人が現れるけどさわ子の髪が抜けるボタン”?何なんだこれは…」

えむ「考えている時間はないぞ、剥離した彗星の破片が衝突したら早稲田どころか東京が吹っ飛びかねん。ボタンを連打しろ!」

AMMY「おかのした」ポチー

さわ子「やめてくれよ…」ファサー

???「ツギャッ!ツギャッ!ツギャッ!ツギャッ!」

金木「あっNSDR兄貴!早稲田最高のアーティストNSDR兄貴じゃないか!」

NSDR「みんな踊れー!」(クルクルNSDRを射出する)

そんし君「すごい!回転NSDR兄貴で隕石を防いでる!」

NSDR「ハホーン!俺の俺の俺の俺の俺の!」(轢かれたカエルのポーズ)

瀧「あっ流れ弾が…」

ちゅどーん(吹き飛ぶ16号館)

三葉「大変!キャンパスが!」

そんし君「やったぜ」

金木「これであの小汚えボロ校舎ともおさらばだぜ」

ベルクート君「隕石落下!オンボロキャンパス炎上真っ赤!早稲田の学生バカばっか!」

えむ「ベルクート君、きみは彼女とのプライベートが露呈して顔真っ赤だろう。クビだ…それより次の助っ人を呼んだ方がいいな」

AMMY「かしこまりっ!」ポチー

さわ子「」ファサー

アムロ「お ま た せ」

金木「アムロなんとかして」

アムロ「しょうがねえなあ」サイコフレームドバーッ

彗星「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁイクイクイク!イクイクイク、逝くよおイク!」

菫「すごい、隕石も彗星も軌道を変えて去っていく」

抹茶ちゃん「これが連邦の白い悪魔と呼ばれた男の真の力…赤い変態クソロリコンとは次元が違う、やっぱりアムロが真のヒーローだ(ガッツポ」

TDN丸「ワン…ワン…」

しじみん「なんてことだ…なんてことだ…」

 

つづかない

 

 

雑記86

ホークスが日本一になった。2位からの日本一はどうなんだという意見も多いが、ホークスは過去にインチキプレーオフで日本一どころか優勝すら強奪されているので1回くらいはまあ…

日シリが終わるとストーブリーグだ。早速カープの丸がFA宣言するとの話。巨人が4年総額25億円だなんて景気のいい話が飛び交っている。まあ巨人も原監督を復帰させた以上は今までのようにツギハギのFA補強はしてこないだろう。丸レベルの、いるだけでリーグ内のパワーバランスを変えられる選手には本腰を入れてきそう。

ロッテも獲得調査はしているようだが、流石にこの金額では厳しいか(デスパイネに払うはずだった金を全部突っ込めば行ける気もするけど、どうせそんな金残してないだろうし)

西武の浅村もFA濃厚との記事が出ている。こちらは報道ではソフトバンク楽天オリックスの名前が挙がっている。ホークスに来てほしい選手には違いないが、報知新聞がソフトバンクの名前を先に出すときは大抵水面下で巨人が接触している。浅村の師匠にあたる中島を取るという話もあるし、丸・浅村の両獲りで久々に大正義巨人軍の面目躍如かもしれない。

そしてオリックスの西にもFA宣言濃厚という情報が出ている。阪神が4年20億だのソフトバンクも獲得競争に参戦だのといった見出しが躍るが、いくらなんでも攝津より高い金額で引き抜く必要があるとは思えない。

まあゴロを打たせるスタイルの投手なので球場の広さよりも内野の堅さで移籍先を選ぶのではないかと思われる。そういう意味では阪神は厳しいか。

今のところFA宣言の話は出ていないが、今年の有資格者の中では巨人の吉川光夫が一番のお買い得かもしれない。人的補償の要らないCランク、ローテの谷間でもロングリリーフでもこなせる。おまけにホークスには手薄な左腕で、福岡市の出身。まあ巨人の厚遇を蹴ってまで地元に帰ってくる気はないだろう。

ホークスでは攝津が構想外になったらしい。コーチの打診はなく退団ということだが、本人が現役にこだわったのならともかくこのレベルの実績のある選手に指導者打診をしないのはいかがなものか。それとも1,2年は他球団なり独立リーグでプレーして指導者になるのか。

達川、水上の両コーチは退団とのこと。日本一にはなれたが優勝は逃しているので、誰かしら責任を取る必要があるということか。二人とも有能なコーチだっただけにチームにとっては痛手になりそう。

引退した本多がコーチに就任するらしいので、水上の後任は本多で問題なさそう。できれば村松を1塁コーチャーに回して3塁コーチャーは本多にやってほしい。

達川の抜けたヘッドコーチはどうするのか。在野で一番有能だった伊東は中日が取ってしまった。橋上もヤクルトへ。鳥越も流石にロッテが1年で返してくれるとは思えない。

フリーの指導者だと森脇あたりが適任か。ホークスOBだし川崎や本多を一本立ちさせた実績もある。理想は秋山だが、流石に前監督にヘッドコーチをやらせるのは無理だろう。それとも将来を見据えて小久保あたりに経験を積ませるか?

あらためて、ホークス日本一おめでとう。

おわり

尻からガスが出てる

早稲田版がっこうぐらし

 

学生達がみんなメンヘラ中年ウイルスに感染してしまった早稲田。4人の女の子と1人の若い女性教師、一頭の犬(元メジャーリーガー)のサバイバルが始まる…

 

えむ「私の名前はえむ!今日からお前たちは私の女性さんになるのだ!」

ゆきちゃん「イヤーやめてー!助っ!けっ!てっ!ウヒャヒャッ!ヒャッ!」

TDN丸「ワン…ワン…」

???「待てーっ!」ガラッ!

ミラーマン!」

スーパーフリー!」

「小保方!」

「論文盗用!」

「コットンクラブ!」

「5人揃って!ゴレンジャイ!」

「さあー今の内に逃げるのだ!早く逃げるんだー!」

ゆきちゃん「謝謝茄子!」

TDN丸「ワン…ワン…」

えむ「えっ何これは…」

5人「さあ勝負…」

えむ「待てや!ちょ、待て待て!おかしいやろ?何?君なんて?」

ミラーマンミラーマン!あ~さやけ~の光の中に…」

島田部長「違うだろ?」ネットリ

えむ「今何かいた…君は?」

和田さん「スーパーフリー!」

えむ「犯罪者やんけ!君むしろこっち(女性さんを狙う)側の人間やで?で、君は?」

小保方さん「小保方!」

えむ「小保方ってなんやねん」

小保方さん「STAP細胞でゾンビを作ったりできまぁす♡」

えむ「どっちかっていうと悪の組織側の人間やんけ!君は?」

蛭○元教授「論文盗用!」

えむ「ガチでアカンやつやめろ!商学部の恥をさらすんじゃないよ…」

ベルク―ト君「そうだよ(便乗」

えむ「ベルクート君、君は女性さんとデキてるね?クビだ。…君は?」

渡○元教授「コットンクラブ!」

えむ「おかしいやん、なんやねんコットンクラブって」

渡○元教授「俺の女になれ」ドドヤァ

えむ「あれ?こいつメンヘラ中年ウイルス感染してね?」

5人「さあ勝負だ!」

えむ「ああもうメチャクチャだよ」

TDN丸「ワン…ワン…」

抹茶ちゃん「学生のみならず教員さえ破壊してしまうメンヘラ中年ウイルス…これさえあればレイプしか能のない一万円大学なんか相手にならん、来年の早慶戦33-4で圧勝だ(ガッツポ」

しじみん「なんてことだ…なんてことだ…」

 

 

 

続かない

ドラフトォ…

ドラフト会議が無事に終了し、来年からホークスの選手となる(まあ入団拒否も絶対無いとは言えないけど)面々が確定した。

最初の入札1位は報徳の小園に行ったが、抽選でカープに競り負け。前日にオリックスとホークスは小園入札を公言したが、カープが降りなかった。ただ根尾の大競合を嫌って突っ込んできた横浜だけは意味不明。結局根尾も小園も抽選数は変わらなかった。まあ阪神楽天あたりの藤原入札を読み切れなかったのかな?

次の入札で立命館の辰巳に行き、無事抽選負けした。外野手不足で切羽詰まってる阪神楽天・巨人はともかく、外野手には特に困っていないホークスが何故辰巳に入札したのかは不明である。

で、外れ外れ1位は東洋大の甲斐野に。スペックは凄い。186センチの長身から150キロを優に超えるストレートと縦に落ちる変化球。ホークスの首脳陣が好きそうなタイプではある。ただノーコン。このノーコンをどこまで改善出来るか。タイプ的に近いのは広島の永川かな?

2位で三菱重工広島の杉山。この選手は社会人野球が好きな知り合いから「素質はガチで野茂クラス」と聞いているのでとても期待している。野茂とまで贅沢は言わんから千賀のような豪腕になってほしい。

3位は早実の野村。高校野球好きな人なら知っているかもしれない。あの清宮とクリーンアップを組んでいた右の長距離砲だ。高校通算68本塁打を放っている。身長172センチと大きくない点はネックだが、171センチの今宮も二桁本塁打は打てているし、村田修一中村剛也など175センチ程度のホームラン王もいるのであまり気にならない。松田の後釜を狙ってほしい。

4位はJR東日本の板東。私はこの板東投手は鳴門高の頃から注目していたので、贔屓が指名してくれてとても嬉しい。JR東日本系列、ドラフト中位、大柄ではない体格、そして端正な顔立ちと攝津を髣髴とさせる選手だ。初期の攝津のようにリリーフで行くのか、後期の攝津のように先発でいくのかは不明だが、一軍でフル回転してほしい。

5位は石見智翠館(高校野球ファンには旧校名の江の川高校の方が浸透してるかもしれない)から水谷。アフリカンの血を引いており、192センチのガタイと凄い身体能力が武器の外野手だ。今のところ完全に素材型の選手だが、この手のロマン枠は当たれば超デカいので(日ハムが4位で横浜の万波を指名したのも多分同じ理由)、ファーム首脳陣の手腕が問われる。このタイプの選手の完全究極体は秋山幸二だが、そこまでは行かなくても右の上林になってくれれば…

6位は金沢、星稜大学の泉。まず星稜に大学があるの知らなかったゾ…。高校が有名で大学からもプロ、というと天理大の小山(巨人〜楽天)を思わせる。ただ小山はもうちょっと有名だったけど。187センチの長身と146キロの速球が武器ということで、まあ量産型岩崎になってセットアッパーになってくれれば最高やね。

7位は三菱日立パワーシステムズの奥村。上背はそれほどないが154キロの速球が武器の26歳。多分5位くらいで狙っていた?ホンダ熊本の荒西をオリックスに3位で掻っ攫われたので、浮いたオールドルーキー枠で取ったものと思われる。ホークスのこの枠は外れない(外れと思われた山中でさえヤクルトで覚醒したし)ので、1年目からフル回転してほしい。

とまあ、抽選2回外しの割には良いドラフトだったと思う。つうか辰巳行く必要なかったよね?実質1回外しみたいなもんだよ。

さすがに育成ドラフトまでは追えない。おわり

 

雑記85

ソフトバンク草野球同好会改め短期決戦の鬼工藤ちゃんズ、所沢山賊団を相手にうっかりクライマックスシリーズで4つ勝ってしまう。優勝もしてないのにうっかり日本シリーズ出場権を獲得してしまう。

西武ファンとしては言いたいこともあるだろう。何故優勝したのに日本シリーズ出られないのか?何故優勝したのに敗北者扱いなのか、と。その気持ちはわからなくもない。ホークスも3回やられてるから。

だが21世紀になってプロ野球日本シリーズ出場権を賭けたポストシーズンゲームを持ち込んだのは、他ならぬ西武だ。(ちなみにプロ野球には過去にもプレーオフはあったが、これはシーズンを前期後期に分けて開催するもので、根本的にシステムが違う)

そしてプレーオフというとんでもシステム、導入当初は今よりも更に悪質なシステムだった。首位チームは負ければ優勝すら無かったことにされる。アドバンテージは5ゲーム差付けないと無し。そしてこのインチキシステムでダイエーに引導を渡し、ソフトバンクの球界参入を招いたのが他ならぬ西武だった。

因果応報。今ライオンズの一員として戦う選手達は気の毒ではあるが、ホークスはこれを10年以上前からやられてきたのである。

何はともあれ、ホークスは広島を相手に日本シリーズを戦う。広島の投手陣に関しては、早い段階で先発を引きずりおろせるかどうか。リリーフは中崎がやや不安定だがフランスアは多分打てない。先発は大瀬良はタイプ的にそれほど苦にしないと思うが、交流戦でやられてる九里やノラリクラリと投げる岡田、技巧派左腕ジョンソン対策が鍵になるだろう。

対広島打線はとにかく四球を出さないこと。最強と謳われた西武山賊打線も、四球を出さず純粋な打ち合いに持ち込めば対処できた。広島打線も負けず劣らず強力だが、キチンとストライクで勝負していきたいところだ。

インチキでも下剋上でもいい、ここまで来たらホークスに日本一になってほしい。

おわり

 

雑記84

だいぶ前の話になるが、「光系統の魔法を極限まで極めた魔術師が主人公の話」というのを考えていたことがある。まあ突き詰めて考えたら「強すぎる」ということでやめたのだが。

まず第一に攻撃力だが、光魔法を本当に極めていれば当然、メインウェポンは光線技になる。これの幅がまず広くて、普通に破壊光線(ポケモン)のようなシンプルなもの。スペシウム光線(ウルトラマン)のように宇宙にある特殊な元素を含むもの。ソルジェント光線(ウルトラマンダイナ)のように太陽エネルギーを含むもの等、枚挙に暇がない。

例えば悪い宇宙人にはスペシウム光線を撃つだろうし、ソルジェント光線があれば夜間に吸血鬼と戦うことになっても対処できてしまう。それに雑魚敵の群れに対する制圧力も高い。

あとワンピースを読んだ人なら黄猿を思い浮かべるだろう。普通の殴る蹴るの格闘技も、質量そのままに光速で動けばとんでもない威力になる、というわけだ。

第二に、光学迷彩によるステルス能力。ワンピースでいう「覇気」のように姿以外を捉える能力のある相手や、野生生物のように匂いや音を頼りに探知してくる相手には通用しないものの、暗殺にも白兵戦にも使える万能スキルだ。

光学的なステルスとは少し違ってくるが、相手の視覚を通じて思考に干渉するという戦法もありうる。敵を同士討ちさせる、あるいはサブリミナルを駆使して洗脳、手駒に加えることも可能になる。この手の「戦う前に勝ってしまう」能力は主人公よりもむしろラスボス向きかもしれない。

そして第三に、自分自身を光と同化させることによる物理攻撃無効化。これがいかに狂った能力か、自然系悪魔の実の能力者やバイオライダーを引き合いに出すまでもないだろう。前者は覇気、後者はクリムゾンスマッシュくらいしか対抗策がない。弾が全部やつの身体を突き抜けてしまうぞ(絶望)。

もう一つが時間操作。これは「時間を止める」能力が有名だ。バトル漫画では光速で動くと相対的に時間が停止したような状態になる描写をしばしば見かける。

最初に言いだしたのは誰だ?荒木飛呂彦先生かな?ジョジョかな?ジョジョかもしれない…これはアインシュタイン相対性理論の中に「光と同じ速度で移動すれば相対的に時間は止まる」みたいな仮説があったと記憶しているので、おそらくそこがベースではないかと思われる。

とまあ、光系統のスキルは総じてヤバいので無事お蔵入りした。チート主人公ものの話が書きたくなったら引っ張り出してくるかもしれない。

おわり