プロ野球

ホークスは今日もファイターズに0-12と惨敗した。首位ライオンズとのゲーム差は最早絶望的、2位のファイターズにはそもそも直接対決4勝9敗なので控え目に言って「話にならない」という状況だ。3位争いをしているマリーンズ、バファローズとの直接対決も取りこぼしが多く、優勝争いどころかAクラス圏内ぎりぎりの3位すら雲行きが怪しいというのが現実だ。

それにしても、昨年の日本一チームが何故ここまで急激に落ちぶれたのか?その原因は色々あるが、大きく分けて3つある。

まず第一に、完成してしまったチームを維持することの難しさ。昨年のホークスは、間違いなく近年のプロ野球において最も完成されたチームだった。

今宮、本多(あるいは明石)、松田を中心に守りをガッチリ固め、千賀、東浜、武田といった先発投手が序盤から全力で投げる。柳田、デスパイネ、松田、上林らの飛び道具で小刻みに得点を重ねる。岩崎、モイネロ、森が相手の反撃の気運を減退させ、最後はサファテが蓋をする。勝つためのゲームメイクが完全に確立していたのだ。

よく「ホークスは誰が監督をやっても勝てる」と揶揄されるが実はそれは工藤監督にとって最高の褒め言葉である。監督の采配の妙に頼らず、システマチックに勝ちを手繰り寄せる。これはプロスポーツにおける理想的なチームの姿の一つといえ、逆に言えばそういうチームを作っている時点で工藤監督の仕事はほぼ完遂されていたのである。

野球でいえば2012~14の3連覇した頃の巨人や、最近の広島もこれに近い。他のスポーツでいえば10年くらい前のバルセロナもそうだ。だが完成されたチームは長続きしない。システムの完成度が高いほど、そのシステムの心臓部となる選手は替えが利かないのだ。阿部慎之助の故障を起点に山口・杉内・内海といった投手陣が一気に崩れた巨人などはまさにその典型である。

ホークスでは、システムの要石といえるサファテが離脱した。その代役に耐えうる存在だった岩崎も同時に離脱。森・モイネロ・嘉弥真・二保・加治屋といったリリーフ陣は、一気に2段階責任が重くなってしまった。必然プレッシャーは重くのしかかり、登板機会が増えて疲労も蓄積していく。さらに、ベンチから固い守りを指揮していた鳥越コーチの退団も無視できない。今年のホークスがエラーだけでなくポジショニングの悪さ、判断ミスでズルズル失点する場面が目立つのは、間違いなく鳥越退団の影響である。

第二にスカウト・編成部の怠慢。ここ数年「育成のホークス」などと持て囃されて箍が緩んだのか、ホークスはドラフトにおいてチームの穴を埋め合わせる即戦力を指名してこなかった。もちろん、チームの将来を託すに足る高校生の逸材を集めるのは悪いことではない。現に今宮、甲斐、上林が主力に定着し、牧原や真砂、曽根、投手では笠谷や松本なども一軍の椅子を伺う所にいる。ファームでは川瀬、茶谷、三森、投手では高橋純平や小沢、野澤などが着々と腕を磨いている。

では彼らが今、苦境にあるホークスを救えるか?答えはノーだ。彼らが一軍レベルで使える選手になるには、あと数年はかかるだろう。直近のドラフトで、ホークスが指名した「即戦力」はほぼゼロだった。田中正義、高橋礼、椎野新と大学生投手を指名してきたが、いずれも評価は「素材型」「回復待ち」であり、すぐに使える状態ではなかったのである。

そもそもホークスこそ即戦力級の選手の目利きで強くなってきた球団である。三塁手として5度の優勝と4度の日本一に貢献した松田、首位打者に輝いた長谷川、今やチームの看板である柳田、昨年のチームの勝ち頭だった東浜など、入団直後は活躍しなくても3年目くらいから徐々に台頭しチームの中心にいる。入団から一貫して中継ぎの柱となっている森など、まさにスカウトの目利きの象徴のような選手だ。ここ数年はそういった選手を獲得できていない。

ホークスが素材集めで遊んでいる間に、他球団は目覚ましく進化した。守備の崩壊に泣かされてきた西武は源田を獲得し、浅村との二遊間はもはや泣き所ではなくなった。ロッテは鳥越コーチの指揮の下、藤岡や中村といった若い内野手が花開きつつある。投手陣の相次ぐ移籍に悩まされた日本ハムは加藤や有原、玉井や井口などノンプロの実力派投手を次々に獲得し、戦力化している。要するにホークスの「豊富な戦力」は、既にパリーグにおいてはアドバンテージをもたらしていないのだ。

そして第三に、首脳陣の選手起用の硬直化。これは安定して強いチーム作りとトレードオフの関係にあり、一概に悪いとは言い難いが、誰の目にも明らかにパフォーマンスの劣化した内川、松田、デスパイネを頑迷に中軸に固定したことがシーズン序盤の低迷につながった。さらに今宮や高谷など、怪我が完治していない選手の投入を焦ったことも却ってチームの傷口を広げた。

元々工藤監督は「実力が同じなら実績のある選手を使う」と公言していたが、果たして実力は同じだったのだろうか?肘の怪我を庇いながら出続けて守備も劣化した今宮と二軍で急激に数字を上げた川瀬が?36歳になって2割前半をうろついている内川と1軍昇格即代打ホームランの塚田が?打撃ボロボロ守備ポロポロの松田と再昇格して3試合連発の西田が?

結局のところ、首脳陣には勇気がなかった。目先の数試合を落としても新しい戦術システムの核になりうる選手を抜擢し、我慢して使い続ける勇気が。似たようなケースでは巨人も中々阿部・村田・長野という大功労者を切れずに苦戦していた。今年村田に代えて抜擢された岡本は、打てない時期も使われ続け、ついに殻を破りつつある。チームの核となる選手は、首脳陣の忍耐なしには現れないのである。そもそも柳田や今宮、松田にしても先代・秋山監督が辛抱強く育てたからこそチームの顔なのである。

1ホークスファンとしては、もう今シーズンの優勝は望まない。そのかわり、来シーズン以降のホークスが勝つための「システム」を構築してほしい。3位を確保するために貴重なリリーフ要員を使いつぶした挙句の果てに5位、などという最悪の結末を招かないためにも、今こそ工藤監督には我慢を求めたい。

おわり

 

雑記77

肛門モロ感爺かな?

最近スマホの老朽化が顕著になってきた。ソシャゲは処理落ちするしバッテリーはすぐ無くなる。アッポーはわけのわからん新機能を追求する暇があるなら電池とCPUの性能を向上させてほしい。

土日が基本的にキッチリ休みになる職場なので時々サークルに顔を出している。現役組とはだいぶ歳が離れているが、私は別に女漁りの趣味はないので私が現れても気にしないでくれ。

最近は夜中にw杯を見ることもしばしば。サッカー、やる方はサッパリだが観るのはけっこう好きなんだよね。逆に野球はやる方が好き。日本は速攻で敗退すると思ってたけど思いの外健闘している。他の国だとドイツが思いの外苦戦している。アルゼンチンはもうめちゃくちゃ、強豪アルゼンチンでさえ協会内部がゴタゴタするとあのザマなので、今回の日本は例外中の例外だろう。

ソシャゲ。デレステはリリースから丸3年が経ちようやく被ったSSRの枚数だけプラチナメダルなるものを配布するらしい。どの辺りまで引き換えられるのかは今のところ不明だが、最低でもスカチケが来ないようならもうデレステに課金はしないと思うし、私に限らずデレステ運営を見限る人が出てくると思う。欲を言えば限定SSRを取れる何かが欲しい、天井無かった頃にかなり被りを押し付けられたので。

f:id:hisabisaunkmn:20180626211907p:image

f:id:hisabisaunkmn:20180626211925p:image

ミリシタはスカチケが来たので雪歩を獲得。765プロのアイドル性欲ランキング1位。2位は七尾百合子(弊社調べ)。

1周年で全部のSSRが入った闇鍋ガシャが来たのだが、案の定恒常春香が被ったので無事ミリシタアンチになった。あーつまんね。

アズールレーンはとにかく潜水艦が引かなくて苦労した。今もアメリカ潜水艦が出ていない。次イベでドイツ潜水艦が来るようなので確保しておきたい。

f:id:hisabisaunkmn:20180626212322p:image

社会のボトムズ

新規実装された鳥海が欲しいが、ドロップ海域が12章なのでたどり着ける気がしない。つうかまだ8章をクリアしてねえんだよなあ…

おわり

 

雑記76

最近ソシャゲの話してねえな。

 

・ミリシタ

天井行った。みんな…天井って、知ってるかな?やめようね!

f:id:hisabisaunkmn:20180605214647p:image

天井かかってでも美奈子が欲しかったんだよなあ…この食欲性欲色欲の三冠女王め(シコシコ)

f:id:hisabisaunkmn:20180605214731p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605214739p:image

天井到達と同時に復刻三枚が揃ったので、引換券は空撃ちに終わった。しね(直球)

f:id:hisabisaunkmn:20180605214945p:image

でもブライダル美希は無課金で引けた。気持ちの悪いオタク界隈では希美が話題だが、私はクソレズ希美よりノンケ美希の方が好き。当たり前だよなあ?

f:id:hisabisaunkmn:20180605215410p:image

シリーズ初!メダルガシャから新規SSR!なんか今までにもメダルからSSRが出たことが二度くらいあったけど基本被りだったんだよなあ…可憐普通に好きだったから普通に嬉しい。

 

デレステ

四月末のフェスは惨敗だった。

f:id:hisabisaunkmn:20180605215658j:image

↑課金してロード無し刺繍封筒が来た時の表情

f:id:hisabisaunkmn:20180605215911p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605215919p:image

130連くらいして新規はこの二人だけ。違うだろ?

f:id:hisabisaunkmn:20180605220036p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605220043j:image

スカチケは大石泉。特訓後の衣装が良い。太ももが性的。帽子が可愛い。

5月の連休に10連無料キャンペーン。ちなみに前回のキャンペーンは新規はおろかSSRさえ出なかったぜ。どうだ参ったか?

f:id:hisabisaunkmn:20180605220320p:image

ヌゥン!?ヘッ!?ヘッ!?アァァァァァァァ…アァァァァァァァ!…フゥゥゥゥン!

限定SSR当たってしまう。やったぜ。スキルはライフスパークル、回復持ち的場、喜多見とは相性◯だがオバロ城ヶ崎妹と相性が悪いのが難点か。

f:id:hisabisaunkmn:20180605220606p:image

SSR確定チケとかいう3000円払って被りSSRの在庫を増やすアレから新規SSRをゲット。歌鈴は限定がオバロ、和装に対して恒常は回復、洋装と正反対の2枚になっている。どっちもしゅきぃ〜

連休が終わり、激務続きの5月が終わりを迎える。ミリシタで天井をぶち破った翌日。デレステ恒例のブライダル金搾り取りガシャが!

f:id:hisabisaunkmn:20180605221241p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221233p:image

…貯めてあったジュエルだけで美波が来た。引いた瞬間全身の血の気が引いて股間に集まるのを感じた。

 

アズールレーン

「艦娘」の名称を使ってしまい艦これに怒られる。草草アンド草。これを機に艦これ運営も心を入れ替えて巻き返してくれよな〜、頼むよ〜

f:id:hisabisaunkmn:20180605221617p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221557p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221519p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221610p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221550p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221530p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221539p:image
f:id:hisabisaunkmn:20180605221603p:image

制約の権化

 

 

終わり

※メカゴジラは出ない

ヤフー映画のレビューのタイトルがこういう感じだった。本文に書くとネタバレ注意になるのでタイトルで勝負してきたのである。このことからも、まともなゴジラを観てきた視聴者諸氏の怒りが見て取れる。

GODZILLAウンコマンコチンチン都市(本当はタイトル違うけどこんなク〇映画このタイトルで十分だ)を観てきた。いや観てしまったというべきか。

まず映画館へ行って驚いた。客席がすくねえ!ハコが小せえ!多分100人~かそこらのスクリーンだったと思う。私はサークルの映画愛好家達ほど映画を観ることが多くないし、基本的にそこそこメジャーな映画を観るので、いつも大きなスクリーンである。ここまで小規模な映画館で観たのは『野火』とか『葛城事件』以来だと思う。

しかし『野火』も『葛城事件』も、元々そういう規模を想定した映画なのでスクリーンの小ささが気になることはなかった。むしろ狭い空間で重苦しく迫ってくるような作品であり、観客に「間合い」を取ることを許さなかった。観ていてズルズル引っ張り込まれたものだ。

一方今回のゴ〇。仮にもゴジラの金看板を掲げ、封切から10日しかたっていないのにこの体たらく。映画館サイドからも三下り半を突きつけられている。怪獣惑星は「あの」新宿東宝で、2016年の映画シーンに新たな歴史を刻んだ『シン・ゴジラ』と同じスクリーンでやっていたのだ。半年でここまで凋落するとは、世間の映画関係者も現実が見えているのだろう。

内容についてはもう論じるのもバカバカしい。第三作はどうなることやら。ちなみに1作目の怪獣惑星はあれだけ大々的に宣伝してもらい、封切前日に『シン・ゴジラ』地上波初放映というアシストまでしてもらって興行収入は4億にも届かなかったそうだ(シン・ゴジラは80億)。今作はどうかなあ、俺は2億も行かないんじゃないかと思ってるけどね。この体たらくで3本目やる意味あんのかね?

おわり

 

 

雑記75

サークルに入部したのが10年前だという事実。狂いそう…

私が入部した時、幹事長はオタクミン先生だった。サークルには活気があったが、実はその前の年にサークルの分裂騒動があったり、超大型サークラの襲来があったのだということを私は後に知った。大変な時期だったのだが、だからこそ誰とでも友達になってしまうオタクミン先生が幹事長に最適だったのかもしれない。

この頃は(いい意味で)意識の高いオタクの先輩がいて、声優を呼んでイベントを開催していた。あれはあれで楽しかったが、最近はオタサーが乱立し声優の奪い合いが続いているのでやろうとしても難しいと思う。

2年生の時の幹事長は田川先生という同人作家だった。この人はとても面白い人で、今思えばこの時期のサークルは極めて平和だった…と思ったけどジェダイ事件とか硯事件とか色々あった。ちなみに前年度の終わりには別サークルとの合同飲み会で暴れて問責になった同期が、突如メンヘラ全開のメーリスを流して姿を消す事件があった。

このブログによく名前のあがるハゲちゃびん君やアッキー君は、この年から加入した。えむ君のサークル内恋愛が始まったのもこの年だ。

3年生の時の幹事長は同期のううう君だった。学生時代から変わった男だったが、最近ちょくちょく酒が絡む失敗をやらかしているようなのでちょっと心配だ。元気な姿を見たい。この年は新歓期に色々あって、同期の中でもえむ君、そんし君らと並んで仲の良かったさっちん(仮)が退部してしまった。さっちんサイドがオタサー以外に居場所を確立したこともあるが、どうもサークル内の空気の変化がイヤになったという話もある。現役生もこれを読んでいるならば、大事なことは一部の人間で勝手に決めないよう心掛けてくれよな。

4年生の時は大震災が発生して開幕が1か月ズレ込んだ。休校になった4月はというと麻雀ばかりしていた。この年の幹事長はしじみん。塾講時代にあんな事やこんな事をしてそうなってしまった男だ。彼もあまり大学に来ないタイプだったが、ハゲちゃびん君やアメカス君がサークルを切り盛りしていたし、何より大震災をいいことにロクに就活をやらない4年生が(もちろん私も含め)大量にいたので人手不足とは無縁だった。

この年を最後にオタクミン先生が大学を離れたので、一つの時代の変わり目だったのかもしれない。

5年生の時はたりずー君が幹事長だった。この頃になるとサークルの男女比率は、全盛期の95:5くらいから80:20くらいになっていた。まったくオタクというのは奇妙な人種で、ほぼほぼ男しかいなかった時代には「女の子の勧誘」など考えもしなかったのに女子部員が増えてくると「女子を獲得しよう」などと言い出すのである。

無論これはたりずー君が言い出したことではないので、彼に全く責任はないのだが有望なキモオタ男子を囲い込めなかったために、この年の新人で4年間の在籍を全うしたのはたった2人だった。もちろん2人とも男子だった。女子はあくまで「偶然入るもの」なので、新歓で狙うのは…やめようね!

6年生の時の幹事長はがら君という人物だった。このブログを読んでいるサークル構成員の内、多分OB勢は知っていると思うが現役組は知らないかもしれない。いや在籍期間被ってるから知ってるか。普通に在籍して普通に4年で卒業して普通に就職した。特にぶっ飛んだエピソードのある人物ではないが、本来幹事長はそういうタイプの方がいいのかもしれない。

7年生の時の幹事長はいーそう君という人物だった。この年のサークルではよくも悪くも面白エピソードはあまり聞かないが、幹部学年が実質2人しかいないという危機的状況だったことを考えると彼のサークル運営はもっと評価されてもいいのかもしれない。まあでもこの年も4年生はけっこう残っていたし2年生はそこそこ枚数いたんだよなあ。

あと面白エピソード無いってウソだわ、爪ウン襲来がこの年だ。これ以降のえむ君の暗転を考えると悲しくなる。この前の年くらいまでは才気溢れる秀才って感じだったのになあ…

私のサークル員としての最後の仕事は、当時の2年生から次の執行部を選出する総会だった。後輩からの評判が芳しくなかったO君(仮名)を幹事長候補から外すために、私は色々とやったのである。結果ベルク―ト君が幹事長になり当時の1年生達の退部も避けられたので、私としてはやったことは間違いではなかったと自負している。

サークルの歴史は当事者の口から語るとどうしても主観的になるんだよね。

おわり

鉄道カタン

というものを昨日酒を飲んでいて思いついた。実現性はともかくアイデアだけ忘れないように書き留めておきたい。

1.資源は『資金』一種類のみ

まあこの時点でカタンとは完全に別ゲーだよね。カタンは開拓がゲームのテーマになっているけど、これは鉄道経営ボードゲームにしたい。桃鉄とは別ベクトルの。入ってくる利益も、路線運用コストも、設備投資もチャンスカード購入も全部資金で決済。単純だね。

2.各マスは『自治体』

カタンでは森・牧場・山・鉱山でマスごとに資源を産出するが、資金しかねえんだからマスは町・都市・村になる。カタンだとまずマスを配置してから賽の目を決めていくが、鉄道カタンは出やすい目=大都市だ。頻繁に出目になる=収益があがりやすいが、建設コストは高い。逆に出にくい目は田舎なので、建設コストは低い。イベントカード「地方交付金」を使えば路線を建設した上に金ももらえるぞ。

3.路線の引き方と駅

まず最初に、各プレイヤーは無償で2つの駅と2本のレールを敷く。最初は当然単線、非電化レールだ。そこからコストを支払うことで複線化→電化→新幹線建設などのバージョンアップができる。バージョンアップすると獲得できる利益が大きくなるが、運用コストが高くなるのでむやみやたらと拡大しないことも戦術の内だ。

駅はカタンと同様に、六角形のマスの角に設置する。間に一つ以上空き角がないと、2つの角に連続して設置することはできない。プレイヤーがサイコロを振り、出た目と等しい数字を有する自治体マスに接している駅の所有者は売上金を受け取る。該当のマスに2つの駅が接している場合は、2回売上金を受け取る。3つの場合は3回。そして駅から出ている路線の規模によってもらえる売上金は変わる。デフォルトが1なら複線化していれば2、電化していれば4、新幹線なら10っていうような具合に。

4.売上金

最初はどのマスも発生する売上金は同じだが、マス内に施設を作ることによって1回あたりの売上金は大きくなる。ただしカタンと異なり、施設はマス内にあるためそのマスに接する駅を持つプレイヤーは等しくその恩恵を受ける。一人で1マス囲い込んで施設をガンガン建てるもよし、みんなで協力して大都市にするもよし。施設も百貨店・劇場・ホテル・球場などじゃんじゃん作ってしまおう。

5.維持コスト

施設をつくれば当然コストを支払わなければならない。利益がジャブジャブ上がっている内はいいが、賽の目次第では破綻の危機に…なんてこともある。払えない場合、一番手っ取り早いのは廃止だ。このゲームでは廃止するだけならコストはかからない。

しかしボードゲームの魅力の一つは交渉だ。そこで登場するのが「売却」という概念だ。例えばある都市。プレイヤーAは劇場の維持費が払えない。しかしこの都市、プレイヤーBの鉄道も駅を持っている。もしBが劇場の存続を望み、資金に余裕があるならば劇場を買い取るだろう。

6.乗り入れ

やはり鉄道の醍醐味の一つが直通運転。六角形のマスの上、異なるプレイヤー同士の路線が接する地点が出てくる。カタンであれば特に何もないが、鉄道ならば話は別だ。プレイヤー同士で交渉し、成立した場合「相互直通運転」を宣言できる。

相互直通は互いに接点から次の駅までとし、お互いにその「次の駅」から発生する利益を享受できる。例えば、6のマスのプレイヤーAのa駅と、8のマスのプレイヤーBのb駅の間で直通運転をしている場合、6の出目でプレイヤーBがa駅の売上金を、8の出目でプレイヤーAがb駅の売上金を、それぞれ持ち主と同じように受け取る。

ガンガン直通運転をしてインフレゲーにするもよし、断固拒否してデフレ誘導するのも立派な戦術だ。ちなみに直通運転は両者の線路のバージョンが違う場合は成立しない。直通できるのは単線同士、複線同士、電化路線同士、新幹線同士の場合に限られる。単線と複線や複線非電化と電化済などの場合は直通運転できないので気を付けよう。

7.イベントカード

サイコロで一番出やすいのは7だが、カタンでは7を出すと盗賊が移動する。しかし鉄道カタンは平和主義、商業主義のゲームなのでそんな物騒な輩はお呼びではない。7を出したプレイヤーはイベントカードを1枚引き、公開する。そしてカードに書かれているイベントが発生する。

あと、チャンスカードはカタンの醍醐味なのでイベントカードとは別に置いてみてもいいかもしれない。

・路線延伸:自身の既存路線から、路線を2本引いてよい。

・地方交付金:2のマスもしく12のマスに、駅と路線を設置してよい。建設コストはかからない。ただし既に設置可能な場所がない場合は無効。

・列島改造計画:自身の路線の内、任意の2駅間を新幹線にしてよい。建設コストは免除される。

・土砂崩れ:任意の1マスを指定し、土砂崩れカードを置く。そのマスの目が出た場合、そのマスからは売上金が発生しない。そのターンの終了時に土砂崩れカードを取り除く。

原発建設:原発建設カードを表向きにして置いておく。全ての電化路線、新幹線の運用コストが下がる。

8.ゲームの終了

基本的には路線を敷設できる所がなくなったらゲーム終了。その時点でもっとも資産が大きいプレイヤーの勝ちとなる。資産:駅、路線、保有施設を資金に換算した合計値+手持ち資金。

なお自分のターン開始時にコストを支払う必要があるが、施設は支払えない場合廃止または売却を選択できる。路線と駅は売却できず、またバージョンアップした路線をダウングレードすることはできない。施設を全て売却・廃止などで失ってなお路線の維持コストを支払うことができない場合、そのプレイヤーは倒産を宣言しゲームに敗北する。

路線を敷設できる所がなくなる前に2人以上の倒産者が発生した場合はそこでゲーム終了。残ったプレイヤーのうち最も資産の大きいプレイヤーの勝ちとなる。

いかがだろうか?実際にはテストプレイをしてみたりして詳細を詰めたりバランス調整が必要だとは思うが、気が向いたら試作品を作ってみたい。みんなで小林一三堤康次郎五島慶太を目指すボードゲーム、やってみたくない?