まだ観てない人はブラウザバックしてください※5月17日追記あり

『シン・ウルトラマン』の感想です。

 

まあ面白かったんだけど、前作の『シン・ゴジラ』は商業作品としての完成度が高くてゴジラをロクに知らない人にも自信をもって薦められたのに対し、本作は完全にウルトラマン好きな人向けだと思う。ツイッターでは「ウルトラマン知らないしこの作品から入るけど、この作品を基準に語ってもいいんだ」的な主張を散見した。それは全くもって否定する気はないのだが、本当にウルトラマンに関する予備知識なしでコレを見ると「ウルトラマンってよくわからない」となるかもしれない。

事前に公開されていたビジュアルでカラータイマーが無いのが話題になっていたが、成田亨の初期デザイン案に合わせたのと、光の国の住人も数ある高度文明宇宙人の1つにすぎないということの暗示だったのかな?作中では地球に対して無償の善意を注ぐウルトラマンが特殊で、同胞であるゾーフィは地球を滅ぼすことに躊躇が無かったことへの理由付けとしては理解できた。

一方で地球での変身状態には時間的制約があるデメリットは特に解消されていなかったので、カラータイマー外した意味ある?と言われるとう~ん…

出てくる怪獣・宇宙人のチョイスは完全にシナリオありきで選んでいた。ウルトラマンの登場怪獣・宇宙人の人気ランキングをやったとしたらゼットン1位は鉄板だとしても、おそらくメフィラス星人の前にバルタン星人、レッドキングゴモラあたりが割り込んでくることは想像に難くない。まあレッドキングゴモラは純粋な地球生え抜き怪獣なので今作のシナリオには噛み合わないので、出てこないのは仕方ないのだろう。

あとバルタン星人もねえ、今作に出てくると悪役にならないんだよね。ザラブ星人メフィラス星人が自己の欲望から地球の支配を目論んでいるのに対して初代のバルタン星人は難民なので。むしろ「光の国の掟」とやらのために地球人の倫理観では理解できない行動をとるゾーフィよりよっぽど善良な宇宙人になってしまう。

若干否定的なことを言ってしまったが、作中の演出というかパートごとの構成は素晴らしかった。ザラブ星人のパート、メフィラス星人のパート、最後のゼットン戦といずれも初代ウルトラマンのオマージュを随所に取り込みつつ、というか話の流れをほぼ維持したまま庵野の味付けが出ていて本当に面白かった。

ただし、最後のゼットン戦は人間の叡智を結集してウルトラマンを援護しよう!ゼットンを倒せ!という流れではないし(それだと帰ってきたウルトラマンに近くなってしまう)、原作のように人類の生み出した武器でゼットンを倒すわけではないので、クライマックスの盛り上がりはイマイチ。クライマックスに向かって離陸するのではなく坂道を降りていくような作りで、そういう意味では終わった後の余韻では『シン・ゴジラ』には及ばないかも。

ゼットンについては賛否両論見かけたけど、俺はアレは凄く良かったと思う。通常の2足歩行形態のゼットンはハイパーゼットンで割とやり尽くした感があるし、流石の庵野でもアレを上回るのを簡単には出せないと思う。ウルトラマンサーガ、脚本とかは若干アレだしAKBの演技もちょっとアレだけどウルトラマンサーガvsハイパーゼットンは見ごたえがあるのでヒマな人は是非見てほしい。

しかし今作のゼットン、光の国の住民でも倒せないサイズとパワーだけどこれ万が一暴走したり(ベリアルみたいな)悪役に乗っ取られたりしたらどうするんだろう?一度起動してしまったら制御下を離れる的なことをゾーフィが言っていた気がするんだけど、このゼットンに対する抑止力はどうなってるんだろう。この世界にもノアやキングが居るんだろうか?(ノアなら地上からでも光線で容易にゼットンを破壊できます。チート野郎なので)(キングはそもそもゼットンを起動前の状態まで戻せます。チート野郎なので)

今作で一番良かったのは山本耕史メフィラス星人。これはもう100点満点中1万点くらいの出来栄えだった。何から何まで胡散臭い。「本当の悪は自分が悪だという自覚がない」なんて言われるけど、今作のメフィラス星人は完璧。紳士的で、善意を各方向に振り撒き愛想も良い。何なら悪い事をしているとは一切思っていない、「地球人のために純粋に善意でやってあげている」感さえ漂っていた。しかし胡散臭いのだ。徹頭徹尾胡散臭い。凄い俳優だ。

ただ、本家『ウルトラマン』ではザラブ星人メフィラス星人も狡猾で強力だがあくまで侵略者である。ウルトラマンとの関係は善・悪でハッキリ対比しており、今作のような「未知の宇宙人(ウルトラマン含む)と地球人の関係」に比重を置く話ではなかったと思う。そういうテーマはむしろ後続の『ウルトラセブン』の方が扱ってたよね。そういう意味では『シン・ウルトラセブン』で今回みたいなテーマに軸を置いて作ったらより自然だったかもしれない。

禍特隊の描写は最高だった。「ぼくのかんがえた科特隊」「化学特捜庁」と解釈完全一致だったので。自衛隊と連携して任務に当たっている冒頭の描写がとてもよかった。宇宙人とか介入してこない「禍特隊の日常」みたいなスピンオフ作品まあ~だ時間かかりそうっすかねえ~?

それとザラブ星人のパートでウルトラマンが拉致されるシーンがあったのが良かった。ヒーロー凌辱だぜ!

 

以下、2度目の視聴を終えての追記です。

サークルの先輩であるオタクミン先生は本作に関してややシブい評価を下していた。曰く

・『シン・ゴジラ』と比較してクライマックスでの盛り上がりが弱い。

ウルトラマンが変身状態で言葉を発しない。オリジナリティはあるが余白が目立ち戦闘の盛り上がりを欠く。

・監督が庵野ではなく樋口になったせいか、『シン・ゴジラ』で徹底的にオミットした人間ドラマが増えて冗長である。

とのことで、これらの点に関しては私も同意だ。オタクミン先生に限らず、本作を『シン・ゴジラ』に続く円谷×庵野の第2作と捉え、比較対象としているファンからは上記のようなややシブめの評価が付きがちだった。一方でゴジラとは切り離し、単にウルトラマンのリブート作品として見るファンからはおおむね高評価である。原作に対する細かいオマージュ、常にウルトラシリーズ他作品を意識させてくる画作りは、流石ウルトラマンオタクの頂点に立つ男の作品だと思う。

一方で最初の『ウルトラマン』登場から半世紀以上が過ぎ、庵野監督は特撮世界で積み上げられてきた物をこれでもかと突っ込んできた。メフィラスによって作り出された(厳密には元から地球にいたものの改造らしいが)「禍威獣」はパシフィック・リムの「カイジュウ」だし、ゼットンをふっ飛ばした後ウルトラマンが暗黒次元に吸い込まれるのはウルトラマンダイナだし、ゼットンとの最初の戦闘に敗れて病床に伏せる神永隊員はウルトラセブンだ。

そんなわけで1回目の視聴を終えた感想は「ウルトラマンの予備知識がないとよく分からないかもしれない」だったが、2回目を見た今は「単純に令和版『ウルトラマン』として予備知識無しで観ても楽しめる」という風に変更したい。ウルトラマンの予備知識なくても楽しめるので、ウルトラマンよく知らない人も観てほしい(このブログ見に来てる人でウルトラマン知らない奴いねえだろ、というのは置いといて)。

最後ゼットンウルトラマンがβカプセルを掲げて突っ込んで行くシーン観て「うわ世紀末オカルト学院じゃん!庵野すげえとこ拾って来たな!」と思ったのだが残念ながらオカ学は12年前の微妙なアニメだったので、同じ指摘をする人は特に居なかった。

ウルトラマンの知識に自信ニキは是非複数回観てほしい。自分は2回観ただけなのでエラそうなことは言えないが、1回目はストーリーを追うのに夢中で作中の小道具や細かい演出をどうしても見落としがちである。2回目からはそういうものを注意深く探せるので、庵野のような知識量で殴ってくるタイプのオタクが作る映画は複数回観た方が面白いと思う。

あと主題歌が米津玄師で、ウルトラマンにしては随分シャレオツな楽曲を持ってきやがったな~と思ってたけど、歌詞を聞き取っていくと原作へのリスペクト度が高くておお~ええやん、ってなっちゃったあ。

今日映画館に行ったらウルトラ五等分の花嫁劇場版の広告が出ていた。二乃がゼットンに拉致されて腹筋ボコボコにパンチ喰らったり三玖がガッツ星人に捕まって磔にされたり5人揃ってヒッポリト星人にブロンズ像にされたりするのだろうか…やべえよやべえよ…えっクライマックスは花澤・竹達・伊藤・佐倉・水瀬が「宇宙に平和が来るまでは~」とか歌ってくれたりするんですか?うわあ興奮してきたな?

終わり

 

 

 

 

 

5月

【急募】福岡の糞キャッチャーの依怙贔屓起用を止めさせられる監督

いやマジで話にならんわ。打てないバント出来ないサイン出したら併殺。自慢の盗塁阻止も辛うじてリーグ平均レベル。配球は監督に苦言を呈されても改善しない。あまり言いたくないけど増長してないか?

打線は悪くない。二塁に三森、三塁に野村、上林と柳町の外野陣が固まってきた。あとは高齢化してきている柳田、グラシアル、中村晃、今宮の後継者を見定めていってほしい。キャッチャーはとにかく順番に使うしかない。

野球の話は思い出すだけでもイラつくのでこのくらいにしよう。

 

ソシャゲはモチベが落ちているわけではないしやってるんだけどガチャ運が終わってる。艦これが10年目に入ったらしい。一応ウィークリー任務だけでも消化しようと思ってはいるけど仕事やってるとマジで続かない。次のイベント完走できないかも。

アイマスはポップリンクスのサ終が決定。アイマス全ブランド統合ソシャゲ、っていうのは良かったし期待値も高かったけど肝心のゲームがアレではね…できればミリシタ、少なくともデレステくらいのクオリティの3DCGの音ゲーじゃないと現代の消費者への訴求力が足りなかったか。シャニの3DCGが見られれば金を落とすユーザーも多かっただろうに。

デレもミリもガシャの引き運が終わっている。ゲーム自体はまあそれなりに楽しんではいる。

ウマは楽しいんだけど拘束時間が長すぎる。ガチで勝とうとするとサポカを揃えなければいけないのだが、いい加減虹結晶の配布量を増やしてほしい。どうせ最初の1枚は自引きしなければいけないんだからガチャに金入れる人はそんなに減らないと思う。あとクリオグリ強すぎ。

 

競馬はディープボンド君またしても2着。シルバーコレクターのままキャリア終わりそうなんだよなあ。タイトルホルダーは完全に仕上がってたので凱旋門賞に挑戦してほしい。オーソリティがドバイで勝てなかった(と言っても3着)から凱旋門賞には行かないだろうし、今の日本馬で勝てる可能性があるとしたらコイツだと思う。

去年アイドルホース投票で復刻されたぬいぐるみ、通常サイズしかないけどアレのマスコットサイズ出してくれないかな?他の馬マスコットサイズで揃えてるから統一したい。あとオグリキャップ復刻して。

 

散歩。先週は川越~桶川を3時間40分くらいで踏破。本当はもっと山にハイキングでも行こうと思ってたんだけどこの歳になるとどうしても長距離歩くとトイレに行きたくなるので、難しい問題である。明後日も天気良ければ長距離行きたいわね。できれば先週より長い距離を。

おわり

開幕戦まとめ

三森…2安打1四球。北山の速球をクリーンヒットしていたし状態は良さそう。後はどこまで維持できるか。

今宮…ちょっと褒めるべき点がない。打てないのはまだしも送りバントすら失敗するのは酷すぎ。二軍再調整すべき。

柳田…今日の段階ではまだ速球に振り負けてた。まあヒットは出てるし心配はしてない。

グラシアル…2安打いずれも逆方向。怪我さえしなきゃ大丈夫そう。初回の見逃し三振はノーチャンスだったので仕方ない。

栗原…力んでる感じがありストレートに遅れていた。一本出て落ち着けば変わりそうだけど今日はあまり良い内容ではなかった。

中村晃…今宮同様、褒めるべき点の無い打撃内容。打撃フォームの改造を試行錯誤している段階なのかもしれない。二軍再調整した方がいいと思う。

松田…スイングのキレが落ちており、一発長打はあまり期待出来ないか?右打ちの技術は年々向上している、やはり何年も継続して活躍する選手は向上心が違う。

上林…今日はデッドボール2つと散々だった。送りバントは一発で成功させており、状態は悪くないと思う。栗原同様、一本出れば一気に爆発するタイプなので早く一本欲しい。

甲斐…3四球とラストバッターとしては百点満点の働き。盗塁を許したシーンは三森のタッチが緩かったが送球は良かった。盗塁を刺したシーンは流石。

ガルビス…オープン戦は撒き餌だったのか?右打席でクリーンヒット、左打席で満塁ホームラン。とりあえずガルビスをショート固定して今宮を再調整させろ。

牧原…四球で逆転劇をお膳立て。地味だが良い働き。

海野…9回の守備のみ。森唯斗と組んでしっかりと三者凡退。

千賀…勝ち星が付かなかった以外は文句なし。

津森…安定感抜群。

森唯斗…今日はキッチリ三者凡退。懸念されていた球速も145くらいまで戻している。

 

とりあえず打線の組み方を考え直して。あと今宮と中村晃は二軍再調整が必須。

ウマ

ナリタトップロード実装ってマジ?

他に実装してほしい&同馬主のウマ登場してて支障の無さそうな馬

 

ダイワメジャー…ご存知ダイワスカーレットの半兄。マイルで強い馬で、産駒もマイル〜スプリントだが本人は皐月賞も勝っていたり、有馬記念も3着だったりと長い距離を走らないわけではない。

シンボリクリスエス…割とずっと「来るんじゃね?」と言われている漆黒の帝王。孫のエフフォーリアが去年大活躍、いつ実装するか?今でしょ(HYSOSM)

ヒシミラクル…G1を複数個勝っているれっきとした名馬なのだが、どういうわけだかG1以外の重賞を勝った事がない。宝塚記念では6番人気ながらこの馬の単勝を1200万円購入し、推定2億円を当てた人がいる。ゴルシとは逆の意味で2億円事件。そういえばゴルシの父の従兄弟だわコイツ…

アグネスフライトアグネスタキオンの全兄。ダービーではあのエアシャカールを下したことも。単純な戦績だけならタキオンより上だが、種牡馬としてはふるわなかった。

メイショウサムソン…個人的にめっちゃ好きな馬。ドトウと同じ馬主さんだが、父オペラハウスなので血統的にはオペラオーの方が近い。かなり丈夫な馬で、クラシック二冠を獲った後ディープインパクトに続く2年連続の三冠を狙った菊花賞では惜しくも4着。そこからジャパンカップ、有馬を連戦して6着、5着(なお勝ったのはいずれもディープインパクト)と好走。翌年は天皇賞春秋制覇し、有馬ではダイワメジャー&スカーレット兄妹と対戦。翌年は凱旋門にチャレンジしたがこれは10着。3度目のジャパンカップスクリーンヒーロー(グラスワンダーの息子)、3度目の有馬でダイワスカーレットに敗れ引退した。

スズカフェニックス…今も存命のスプリンターで、現在はウイニングチケットと同じ牧場で余生を過ごしている。G1勝ち鞍こそ高松宮記念のみだがマイルにも割と出走しており、前述のダイワメジャーの他ウオッカローレルゲレイロ(キングヘイローの息子)などと対戦している。そういえばローレルゲレイロの全弟にキタサンラブコールという馬が居るが、こちらは1000万下が最高の勝ち鞍なのでウマ娘に出るにはちょっと戦績が足りないか?

エアジハード…今の人からするとやや物騒な名前に聞こえるが、活躍したのは日本で「ジハード=殉教テロ」みたいな微妙な認識が定着する前の話である。安田記念ではグラスワンダーシーキングザパールキングヘイロー、シンコウウィンディを下して優勝。マイルCSでもキングヘイローキョウエイマーチを破っている。

 

あとビワハイジとかスズカマンボトーセンラーあたりも捨てがたいね。

もう2022年

最近は更新頻度めちゃくちゃ下がってますが、やる気が無くなったのではなくスマホ依存に陥ってパソコンでタイピングをするのが億劫になったからです。

いつか書こうと思っている間に2021年が終わってしまった。福岡の野球クラブはなんとBクラスで、クライマックスシリーズとかいうインチキ敗者復活戦に参加することさえ叶わず終戦となった。フロントの作りたいチーム、編成部が獲ってくる選手、現場の首脳陣のやりたい野球が終始噛みあわなかった。

監督も交代となり、チームは再建期…と言いたいところだが、チームの中核を支える柳田は今季34歳になる。甲斐も30歳になるし、千賀は海外FAまで秒読み。悠長に再建している場合ではないのだが、イマイチ危機感が感じられない。とはいえ今年はFA市場に出たのは中継ぎ投手の又吉のみ、チーム再建に不可欠な「長打力のある二遊間の選手」も「柳田の後ろを打てる長距離砲」も「長いイニング計算できる先発投手」も売りに出てこなかった。MLBから二遊間はガルビス、先発はレイとチャットウッドを獲り、長距離砲は今季限りと思われたデスパイネとグラシアルが残留。一応フロントも課題は認識しているようだ。

若い選手の台頭が望まれるが、二塁手の三森はもう少し長打力がほしいし三塁手の砂川は確実性が課題。この二人がレギュラーに定着するまではベテランと外国人に頑張ってもらうしかない。先発投手は何人いてもどうせシーズン始まったら誰か離脱するので、若い選手はそういうワンチャンスをモノにしてほしい。

話は変わって馬の話を少々。個人的に凱旋門賞にチャレンジしてほしい馬を何頭か、完全に個人の願望なので気にしないでほしい。

エフフォーリア…現状日本の馬で一番強いはずなので、是非行ってほしい。ただし陣営は海外挑戦に慎重なスタンスを崩していないので、行かない可能性は高そう。あと父血統が軒並みアメリカ血統なので欧州の馬場はちょっと不安かも。母血統で見ると母父ハーツクライのさらに母父まで遡れば凱旋門賞チャンピオンのトニービンが居るには居るけど。

タイトルホルダー…今まで凱旋門行った日本馬、割と後ろから競馬をする馬が多かったと思うのだが、それが逆にロンシャンの重い芝で末脚のキレを封じられて負けるパターンが多かった気がする。以前に読んだ競馬に詳しい人のブログによれば日本の馬は欧州の馬とは比較にならないほどスタートの巧さがあるらしいので、それならば逆にスタートから一発大逃げを打てる馬の方がいいんじゃないかな。しかし有馬終了後に故障で休養に入ったので、この子はちょっと無理だろう。

オーソリティ…父オルフェーヴルはご存知凱旋門で銀メダル2つの激ヤバホース名馬。ジャパンカップでも好走したり、徐々に実力を付けてきている印象がある。ステイゴールド系は意外性の血統。ぶっちゃけ有力馬でダメならこういう馬の方が一発特大ホームランがあるかもしれない。同じ血統のマルシュロレーヌみたいな。

あとは身体の調子さえ万全ならユーバーレーベン、今年じゃなく来年古馬になってからドウデュースあたりかなあ。

 

麻雀したい

 

おわり

 

 

さかこ後輩と飯田橋

この間の架空のソシャゲのリセマラランキング修正版。架空のソシャゲのリセマラってなんだよ(哲学)

 

S(人権。引いたらリセマラ終了)

ボーボボ…ご存知ジャンプ史上最強の男。バトル系のソシャゲだとギャグキャラは大抵強いがコイツは異常。ぶっ壊れ。強力すぎるので対人戦では使用できない。

サイタマ…単純な戦闘能力が狂っている。通常打撃が当たれば防御バフだろうが無敵状態だろうが貫通する。強力すぎるので対人戦では使用不可。

両津…鬼耐久に加えてパワー、スピード、賢さいずれも最高水準。シナリオ攻略ではいかに手詰まり状況になっても「もう○○なんてこりごりだあ~」(例のBGM)の一言で強制リセットしてしまう。強力すぎるので当然対人戦では使用不可。

 

A(上記3人ほどではない。初回10連ではS1人以上とA1人以上がリセマラ終了基準)

ルフィ…序盤はそこまで強くないが、新世界篇まで攻略すれば安定して闘える戦力になる。エース死亡ルートを踏まないとサボが登場しない。作品別ピックアップガチャの売り上げがエグい。

承太郎…戦闘能力がべらぼうに高い。ただし近接戦闘に特化しており、状況次第では腐る場面もある。

マサルさん…理不尽系固有能力はボーボボに匹敵する。ただし全ての技がカウンターに特化していて攻め手が無いので、評価はボーボボより1ランク落ちる。

トリコ…シナリオが食材集めの旅。対モンスター戦には強い。固有武器「グルメスパイザー」は普通に弱い。

ナルト…序盤の強さは微妙だが成長曲線が大きい。シナリオで大蛇丸出てきたら笑ってしまうオタクが続出。10連ガチャに課金石を潜影蛇手!

炭治郎…キッズに人気。シナリオ難度がかなり高いのでサポートに強力なキャラクターを用意しないと苦労する。関係ないけど煉獄さんとサンジを組ませるとお互いのやる気が延々と上昇し続ける。

黒崎一護…!無関係のセクシー男優には全く似ていません!攻撃力高いがシナリオ難度もアホみたいに高い。サポートにボーボボを入れてユーハバッハの能力を打ち消そう。

 

B(能力のクセが強いorシナリオがやりにくい)

悟空…本人は強いがシナリオが難しい上にアホみたいに長い。亀仙人と修行イベントで上ブレを引けるかどうかがカギ。

剣心…アラサー以上のオタクからは人気。初期ステ高く序盤は使い勝手が良いが成長率が低く設定されており、終盤苦労する。

武藤カズキ…隠し能力のドレイン能力は極めて強力だが、味方にもデバフを撒くのでボーボボ(デバフ無効)が必須。作品別ピックアップではライバルのパピヨンの方が人気らしい。

坂田銀時…戦闘能力はかなり高いはずだが、やる気低下イベントがほぼ毎ターン発生する。甘いものを与えるとやる気が回復するらしい。ウマか?

鵺野鳴介…戦力としては可もなく不可もなく。ピックアップガチャでゆきめ狙いで天井するオタク多し。

麻倉葉…シナリオが無理ゲーなのでボーボボ必須。ちなみにサポートに遊戯が居ると阿弥陀丸呼び出し時に一定確率でオシリスの天空竜が召喚されて確殺モードに入る。

 

番外編(ガチャから出現しない)

武藤遊戯…ゲームの都合上カードゲームではなく『闇のゲーム』で相手を仕留めていくので、戦闘中は常時闇遊戯である。たまに神を召喚して相手を押し潰す。

ケンシロウ…事前登録特典で必ずもらえる。もしガチャから出ていれば4人目のSランクだった。強敵(とも)カットインからの無想転生であらゆる攻撃を無効にできる。物理打撃技メインだが内部破壊特効あり。

 

その他

一条楽…ニセコイピックアップでコイツ引いたら怒りのあまりスマホ叩き割ると思う。性能としては敵女性キャラに特大のデバフをばら撒けるので弱くはない。

沢田綱吉…同じ反社系主人公だけど人間性は雲泥の差。リボーンピックアップガチャは腐女子姉貴兄貴たちが鯖落ちるくらい回しまくってそう。

 

という話をさかこ君としてました

 

 

 

 

 

自律神経の調子悪くて寝られねえぇぇぇぇ

存在しない架空のソシャゲのリセマラランキング。

〜もしもジャンプ漫画のバトル系ソシャゲがあったら〜

A(強いことは強い)

悟空…ゲージ消費激しい&シナリオの敵が強すぎる。

緋村剣心…最初から安定して使いやすい。成長率低め。

黒崎一護…凸素材コスト高すぎワロタ。無凸だと使いにくい。

炭治郎…長男なので微妙に使いにくい。

A+(終盤まで安定して使える)

ルフィ…頂上戦争シナリオでエース生存ルートを引くとサボが出てこない。

坂田銀時…性能は平凡だがシナリオがけっこう楽。サポカ充実。

空条承太郎…単体戦闘能力は最強クラス。

トリコ…グルメスパイザーは付いて来ない。

ナルト…うん、まあ強いよねそりゃ。忍者だし。

番外編

一条楽…引いたらスマホを叩き割ろう。

S(人権。引いたらリセマラ即終了)

ボボボーボ・ボーボボボボボーボ・ボーボボ

両津勘吉…ワシに任せろ〜!嬢ちゃん!代われ!行くぞ〜!合体!!出た〜!両さんとトミオの天空合体以下略

ヒロアカ、Dr.ストーン、サムライ8の実装待ってます。

おわり