読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記7

昨日は大学院生のA君と、今日はさかこ君と散歩に行ってきました。久しぶりに普通の日記が書ける程度に散歩をしてきました。最近は梅雨で雨が多いのを良いことに散歩をサボっていたので、久しぶりの長距離歩きはけっこう身体への疲労もありましたが、運動不足の解消にはなりましたね。

A君とは中井駅を起点に西武新宿線沿いをダラダラと歩き、最終的には中野区・練馬区の境界である鷺ノ宮まで行きました。A君はそこから電車で帰宅し、私はさらに練馬区内を縦断して帰宅しました。西武線沿いを流れる、妙正寺川に沿って歩き、大雨時に水を逃がす構造や暗渠化工事の現場などを見てきました。この妙正寺川と、その合流先である神田川は、かつては大変な暴れ川だったそうです。特に神田川は半世紀くらい前には早稲田近辺で洪水を起こしたことがあります。そうした暴れ川に対する治水工事の現場を見ることが出来て楽しかったです。

そんなA君からは、先日先輩の億ションで行われた飲み会の話を聞きました。A君曰く、飲み会については何も語るべきことはなかったが帰る時間があまりにも遅くなって困った、ということでした。あと宅飲みで3000円は思ったより高くついて驚いたとか。

さかこ君とは飯田橋御茶ノ水近辺の神田川沿いを散策しました。先日TOKIOがやっているテレビ番組で、神田川の魚の調査をしていましたが、番組中でボラ・スズキ・アユ・コイが神田川に生息していました。私もああいう風に、船に乗って神田川の調査とかしてみたいですね。ちなみに今日は橋の上から目視でコイとボラの生息は確認できました。さかこ君とは、サークルクラッシャー女子についての話で盛り上がりました。

さて弊ブログで掲載しているサークル史の怪文書ですが、ようやく私の4年生時代の終盤、即ち半分以上が終わったことになります。終わったらA君のSSみたいに書籍化してみたい気もしますね。自分の分だけでも。でもryさんは絶対嫌がるだろうなあ…

作中の話はあくまでフィクションです。一部事実に基づいていますが、ほとんどフィクションだと思って読んでいただけると幸いです。特にセリフに関してはほぼ私の創作だと思ってください。「俺はこんなこと言った覚えないぞ」と言う方、そのセリフは創作ですからあまり気にしないでください。そして発言者はあなたではなく、あなたを部分的にモデルにした架空の人物ということにしておいてください。『古事記』の国土創造の時代と同じで、歴史書の形式をとっていても内容は創作なのであんまり気にしないでください。

なんか思った以上にサークルの幅広い学年層に読んでいただいてるみたいで、私自身が一番驚いています。とりあえず完結まで頑張って書きますので、今後とも読んでクレメンス…

おわり。