読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここまでの若鷹軍団

プロ野球の開幕から1ヶ月ちょっとが経過しました。私の贔屓球団である福岡ソフトバンクホークスは目下パ・リーグ3位につけており、先行するファイターズ、ライオンズを負っている状況です。ファイターズは開幕当初は破竹の快進撃でしたが最近は調子を落としてきています。大谷・吉川に安定感があるので大型連敗はしないでしょうから、このままいけばAクラスは堅そうです。ライオンズは打線が好調ですが、最近ちょっと乱打戦になる試合が多いのでリリーフの持続力が今後のカギになるでしょう。

で、ホークスの現状ですが例年通り?故障者が続出している状況です。特に打線の核だった長谷川、守備の要である本多・細川の長期離脱はキツイですね。上位2チームを追撃するにはこの二人の復帰が必要でしょう。とはいえ、打線のほうは普通に打てています。李・松田・柳田が絶好調で、本多の穴を埋める高田・明石もいい仕事を見せています。長谷川の代役を務める吉村・江川はまだ打撃の波があるものの決勝点を挙げる場面も見せています。一方で細川の穴はまるで塞がっていません。鶴岡は盗塁を全く阻止できず、高谷も経験不足を露呈する場面がしばしば見られます。特に先発投手へのリードが細川には及びません。この二人が劇的に改善するか、山下が成長するか細川が復帰しなければ優勝争いは厳しくなるでしょう。

もう一つの問題が先発投手ですね。攝津は昨年から制球の崩れが治っていません。安易な四球から失点する場面が目立ちます。中田は投げてみないと分からないのは相変わらず、四球連発もあります。スタンリッジ・大隣は安定していますが、エース格同士の投げあいで競り負けている試合があるのが気がかりです。若い武田が結果を出せているので、下で好投している千賀や加治屋も上で投げさせて欲しいところです。この他に岩崎・山田も一軍で試してほしいところです。攝津やスタンリッジなど実績ある投手でもダメなら2軍に落とすべきでしょう。

今日も勝てる試合を落としたホークス。勝っている試合でも噛み合って快勝している試合ばかりではありません。もちろんいつも快勝できるわけではありませんが、ファンにとってフラストレーションの溜まる試合を続けているようではファンも離れてしまいます。今日は幸い?ファイターズもライオンズも負けたので上位に離される事態は避けられましたが、どこかでチームにスイッチが入って大型連勝をしてくれることを祈っています。