読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開幕カード総括

プロ野球が開幕し、最初の対戦カード三試合が終わりました。私の贔屓球団であるホークスはロッテ相手に1勝2敗、Bクラスに沈んだ二年前のシーズン以来となる負け越し発進となりました。そこで、この三連戦の各選手の出来を独断を交えて評価していきます。
評価はドイツ式に1が最高、5が最低の5段階で付けていきます。
本多 3点(可もなく不可もなく)
守備では良いところを見せました。ここ数年の懸念材料である首の怪我も今の所影響は出ていないようです。もう少し球数を粘れるようになって欲しいです。
中村 1点(素晴らしい)
打てる粘れる走れる。文句の付け所がありません。
柳田 3点
三番打者としては少しバッティングが粗いですが、走攻守に仕事をこなしています。あとはホームランが出れば
内川 2点(概ね良い)
初戦は大ブレーキでしたがそこからすぐに修正してくるのは流石の一言。四番で主将という重圧を跳ね返す活躍を期待しています。
イデホ 3点
これと言って不満があるわけではありませんが、これと言って絶賛するポイントもない微妙な出来。出塁率は悪くないので彼を四番にして五番内川でも良いかもしれません。
長谷川 4点(やや不満の残る内容)
今日はチーム第1号のホームランを放ちましたが、三試合でヒットはその一本だけ。三振が多くたまにホームランというのは長谷川の不調時の典型なので、早い段階で内野の間を抜くヒットを打って打撃勘を取り戻して欲しいです。
松田 2点
打撃は文句なし。初戦のエラーがなければこのカード勝ち越しもあり得たので、厳しめに採点しました。
鶴岡 4点
現状ではちょっと良くないです。このままでは細川復帰でまたスタメン剥奪は避けられないでしょう。
山下 4点
打撃で結果を出して欲しい所です。リードに関してはまだ経験不足なので批判する気はありません。今日のブロックは良いプレーでしたので、今後は打撃・肩でアピールして細川を控えに追いやるくらいの活躍をして欲しいです。
今宮 3点
オープン戦で見せた力強い打撃を早く本番でも見せて欲しいところです。
攝津 2点
負け投手にはなりましたが、去年のようなストレートの脆さ、変化球の精度の低さは改善されており良い時のピッチングに戻っていました。今年は結構活躍が期待できそうです。
明らかに調子は悪かったものの、それでも勝てるのは経験値の高さによる所が大きいでしょう。
中田 5点(ひどい)
今日のような無様なピッチングは二度と見せないで欲しいものです。ハッキリ言ってこのカード負け越しのA級戦犯千葉ロッテに自分から白星を差し上げたようなものです。
サファテ 1点
疲労が溜まってない時のサファテは無敵、ハッキリわかんだね。
飯田 3点
初登板でちょっとバタバタしましたが、無失点で切り抜けました。個人的には中田を先発から外して飯田を先発に回して欲しいです。
次のカードはオリックス戦です。あちらはホークス以上に不調で開幕カード三連敗、地力の高いチームだけに調子を上げる前に叩いておきたいところです。先発する大隣・東浜・武田はとにかくファンをバカにしたような、無駄な四球を出さず、攻める気持ちを持って投げて欲しいと思います。